C1,2,3,4,の違いは

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。皆さんは歯科健診や歯医者さんでの診断で、C1のカリエスやC3の虫歯などと歯医者や歯科衛生士が話しているのを聞いたことがないでしょうか。このC1やC2というのは虫歯の診断基準のことで、数字が大きくなるにつれて虫歯が酷くなっていくことを表しています。佐倉市にも多くの患者さんが虫歯の経験をしていると思いますので、一度詳しくご紹介したいと思います。

C1は一番軽度の虫歯です。エナメル質にとどまる極小さい虫歯で、少し削ってプラスチックの材料を詰める程度の簡単に治療ができる程度の虫歯です。C2になると象牙質というエナメル質のさらに下にある部分に虫歯が広がります。この虫歯では治療に痛みが出てくることがあるので、痛みが辛い場合には麻酔を使って痛みを緩和しながら治療を進めます。削った後の詰め物も金属の詰め物を使うことがあるので、治療痕跡がわかりやすくなってしまいます。C3になると歯髄にまで到達している虫歯で非常に強い痛みが起こってきます。治療でも痛みが出てくることがあり、根管治療が必要になり、完治に回数がかかってしまいます。この段階で治療を行うと大半は抜歯をせずに治療が完結するので、極力早めに治療を行いましょう。さらに進行してしまったC4は、目に見えている部分のほとんどが壊れてしまい、歯根しか残っていないような歯の状態で、差し歯の土台にも使えないほど虫歯が進行したものは抜歯を行うのが一般的です。ここまで放置するには痛みにも長期間耐えなくてはならないので、滅多に見ることはありませんが、今でもごく稀に進行した虫歯をお持ちの方がいるので注意が必要です。

佐倉市の皆さんは虫歯の分類をご存知でしょうか。虫歯についてしっかりと理解しておくと様々な治療の方針理解に役立ちます。しっかりと治療を理解し、病気についての知識を広げましょう。

歯ぎしりと歯並びの関係とは

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。佐倉市の患者さんの中には歯ぎしりを経験されている方がいるかもしれません。歯ぎしりというのは就寝時に起こる顎の運動で、歯ぎしりと歯並びに密接な関係があると提唱されていることを皆さんはご存知でしょうか。歯並びというのは歯の大きさや歯が入る顎の大きさや歯に加わる力などがお互いに影響しあって決まります。佐倉市の皆さんは歯ぎしりと歯並びとの重要な関係について理解し、しっかりと治療ができるように心がけておきましょう。

歯ぎしりには様々な原因があると言われていますが、確実な原因は未だに特定されていません。歯ぎしりが酷い方の場合には顎の筋肉に大きな負担をかけてしまい朝起きたときに顎が痛くなってしまったり、顎関節症や筋膜炎や関節炎などの厄介な疾患になってしまうことがあります。このような歯ぎしりによる筋肉や顎関節への悪影響は、歯並びによってさらに増悪してしまうことがあります。歯並びが悪いと、歯が引っ掛かって歯ぎしりの横運動が制限されることで更なる筋肉の緊張を生み、より強いストレスが顎関節や筋肉にかかってしまいます。また、前歯が噛んでいなくて、前方のガイドもない場合にも、力が集中して顎関節に非常に大きなストレスがかかってしまいます。特に丸顔でえらが張っている人は顎の力が強いので注意が必要です。歯並びが悪い場合、必要に応じて歯科矯正治療などの治療が必要になります。矯正治療を行ったとしても歯ぎしりそのものが無くなるとは限りませんが、悪影響をもたらす一つの要因の除去には有効です。また、顎関節への負担を軽減させるためにナイトガードというマウスピースによる、歯と顎関節の保護が必要になります。歯ぎしりは眠る時に人に迷惑をかけるだけではなく、自分の体にも悪影響を及ぼしてしまうので、早めに治療を行うように心がけましょう。

佐倉市にも多くの患者さんが歯ぎしりや歯並びでお困りのことだと思います。歯ぎしりで起こるトラブルでお困りの方は一度歯医者に相談するように心がけましょう。

歯磨きは1日何回目安に実施すべきですか?

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。皆さんは1日にどれくらい歯磨きをされているでしょうか。歯磨きと虫歯はご存知の通り非常に密接な関係があり、毎日歯を磨きを続けることは予防を考える上でとても大切です。予防に必要な知識や歯磨きのやり方を知っておくとホームケアのやり方が改善していきます。ホームケアの重要性についてしっかりと理解してもらうよう、一度詳しく説明をしたいと思います。

まず、歯磨きを行うときに大切なのが歯の磨き方です。歯ブラシの使い方も非常に様々な種類があるので、力を加えるやり方や、力を加える方向を見極めながらしっかりとした磨き方をするようにしましょう。このような歯磨きのやり方は独断で行うのが非常に難しいので、歯科衛生士や歯医者から説明を受けることが大切です。歯磨きのやり方が整った後にはどのタイミングで歯を磨くかが重要な着眼点になるので、一度しっかりと説明を受けるのが重要なのです。独断で歯磨きを行うのは磨き残しや、歯石などの汚れとの区別がつかないまま歯磨きを続ける原因になってしまいますので、必ず一度はお口の中の汚れについてしっかりと説明を受けるように心がけてみましょう。

歯磨きのペースですが、基本的には毎食後行うことが重要です。特に就寝前に行う歯磨きは虫歯を防ぐ上で重要な役割を担っているので、必ず時間をかけて丁寧に行うように心がけてみましょう。
佐倉市で定期的な口腔ケアを検討されている方は是非当院へお越しください。しっかりとした予防を行い、お口の健康を守っていきましょう。

歯周炎の原因とは

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。佐倉市にお住いの皆さんは歯周炎という病気をご存知でしょうか。歯肉炎は歯茎に起こる一過性の炎症で、症状が起こったとしても収まってしまえばほとんど日常生活に支障をきたさずに済む病気です。しかし歯周炎とは慢性の炎症が続くことによって歯を支える歯槽骨と呼ばれる骨が溶けてきてしまう歯茎の感染症です。歯周炎の治療や原因について理解をしておくと、予防にも非常に役立ちます。歯周炎の原因や予防について一度情報を整理し、正しく理解するように心がけましょう。

歯周炎の原因は悪玉細菌による感染です。お口の中には常に様々な細菌が住み着いていて、虫歯や歯周病は口腔内の細菌が原因で発症します。この細菌は主に食後に付着するプラークと呼ばれる汚れの中に住み着いていて、不十分な歯磨きや磨き癖等により長時間プラークが落とされないまま成熟していくと悪玉の歯周病菌がどんどん増えていくことが知られています。歯周病予防にとって、歯磨きやフロッシングによって適切にプラークを減らすことが何より重要です。悪玉細菌が増えると歯茎に悪影響を与えてしまい、人によっては歯茎が腫れて膿が出てくることもあるので注意が必要になります。

プラークは歯の見えている部分だけでなく、歯と歯茎の間の歯周ポケットにも付着します。この歯の表面や歯と歯茎の間の汚れは、磨き癖や歯の形態により長い間放置されてしまう事があり、どうしても汚れが長期間溜まってしまいがちです。このような汚れは石灰化して硬くなってしまい、歯石と呼ばれる状態になることがあります。そうなってしまうと悪玉歯周病菌の温床となってしまうので、歯磨き等のセルフケアでは落とせず、慢性的な歯茎の炎症が続き、やがて歯周病に至り、更に進行してしまうのです。

佐倉市にも多くの歯科医院があり、歯周炎を改善するように多くの歯科医院で治療が行われています。しっかりと治療ができるように、歯周炎について理解を深めましょう。

歯周炎の適切な治療方法は

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。歯周炎の患者さんは日本に非常に多く、佐倉市だけでも多くの患者さんが歯周炎と診断されています。歯周炎は歯茎や歯の周囲にある歯根膜という膜や歯茎などの歯の周囲の組織に起こる炎症で、様々な原因で病気が発症します。

ちょっと歯みがきを忘れるだけで歯の周囲には常に様々な細菌や様々な汚れが付着して、すぐに不衛生な状態になってしまいます。この汚れの中に住み着いているある種の細菌は様々な悪影響を歯茎に与えることが知られていて、この悪玉細菌の活動による悪影響が歯周炎の原因と考えられています。このため、歯周炎を治療するためには、まず細菌などを綺麗に取り除く事が重要だと考えられているのです。

歯周炎を治すには毎日の適切なブラッシングやクリーニングが必要になります。適切なブラッシングを行ないながら歯科衛生士や歯科医師とともに適切な治療を行う必要があり、治療を行った後にも清潔な状態を保つためにブラッシング指導を受ける事が重要なのです。ブラッシング指導をおろそかにしてしまっては歯周炎の治療ができても、健康な状態の維持ができません。特に歯周病が進んでいる場合には歯茎が回復する前にまた細菌汚染されてしまい、十分な治療効果が得られないことすらあるのです。そのため、歯ブラシだけで落としきれない部分の清掃に役立つデンタルフロスや歯間ブラシの使い方もしっかりと身につける必要があります。しっかりとした正しいデンタルフロスや歯間ブラシの使い方まで身につけるように心がけましょう。このようにブラッシングやフロス、歯間ブラシを使う技術を向上させながら気をつけなくてはならないのが歯石の除去などのクリーニングです。歯石は悪玉細菌の温床になってしまうので、定期的に行う歯石の除去は、歯茎の健康を保つ上でとても大切な意味があるのです。

佐倉市にお住いで、歯周炎の治療を検討されている方は是非一度当院へご相談ください。

インプラントとブリッジの違い

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。インプラントというのは人工の歯根の事で、金属でできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込む治療を行います。この人工の歯根であるインプラントを埋め込む事でその上に人工の歯を取り付けたり、入れ歯の土台や固定に用いる事ができるので非常に人気がある治療法です。インプラントの治療は、治療成績は非常に良いのですが保険適応でないので、治療費用は高額になります。しかし、その審美性と機能性が非常に優れているので、現在多くの歯科医院で導入され、佐倉市でも多くの患者さんがインプラントを用いた治療を受けられていると思います。

ブリッジというのは歯が一つか二つ程度欠けてしまった時に行われる局所の治療法です。隣接する健康な歯をやや小さく一回り削り、その部分を橋の土台のようにして人工の歯を連続してつなげながら取り付ける治療法で、まるで橋桁と橋のような環境になっているのでブリッジと呼ばれています。この方法はブリッジの土台にインプラント同士または、天然歯同士を用いることができます。したがって、顎の状態に合わせながら柔軟に治療の対応をしなければならないのです。

インプラントは非常に安定した土台です。インプラントを導入することで、入れ歯やブリッジの治療においても非常に有効に活用することができます。インプラント治療を検討されている方は是非一度当院へお越しください。インプラントの活用法やインプラント以外の選択肢を含めて皆さんにしっかりとした治療を提供したいと思います。

インプラントと入れ歯の違い

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。歯科医院で行われている治療で有名なもののひとつが入れ歯の治療です。一度に多くの歯を失ってしまうと生活に支障をきたしてしまい、人によってはインプラントや入れ歯などの治療を行っていると思います。ブリッジなどの局所での歯の喪失に対処する治療ではうまく治療ができない場合には部分入れ歯や総入れ歯などの広範囲にわたる歯の喪失に対処するための治療を行います。入れ歯は顎の土手の状態に寄らず比較的柔軟に対応可能で、大きな手術もせずに容易に失った噛み合わせを回復させることができ、取り外しがきくので清掃も容易で、高齢者でも適用しやすい治療法です。自分に合った入れ歯は使い心地が非常に良いですが、一般的に天然歯よりは咀嚼効率が落ちてしまいます。顎の状態によっては何でも噛めるというわけにはいかないのも事実です。しかし適用のしやすさと保険がきく物は安価なことから、多くの人が選択する治療法です。

一方、このような入れ歯以外の治療方法として知られているのがインプラントです。インプラントはチタンという金属でできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、さらにその上に人工の歯を作る治療法で、入れ歯と比較してみるとより大きな力をかけて噛めて咀嚼効率も上がる治療法です。佐倉市にお住いの方の中にもインプラントを利用した治療を経験されている方もいるのではないでしょうか。インプラントは入れ歯と組み合わせたりブリッジと組み合わせて治療に用いることができます。インプラントは骨の量と質、歯を入れる位置や方向等、事前に調べる必要があります。そのためインプラント治療を検討されている方は事前に歯医者と相談しながらどのような方針で治療を進めるか考えなくてはなりません。

佐倉市にも多くの患者さんが入れ歯やインプラントを利用しています。インプラトの治療で不安を感じたり、入れ歯の治療でお困りの方は是非一度当院へお越しください。しっかりとした治療を提供し、皆様のお役に立ちたいと思います。

根管治療とはどんな治療であるのか

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。根管というのは歯の根っこの内部にある管のことで、歯髄と呼ばれる神経や血管などの組織が収められていて、根の先から歯の外の組織につながっている、歯に内側から栄養を供給している部分の事を言います。歯根の内部にある歯髄は血管や神経が集まっている構造で、この部分に炎症が起こった場合には根管治療という治療が必要になります。根管治療では歯髄の内部を綺麗にし、根管をリーマーやファイルという針のような器具で広げ、きれいな形に整えながら感染原と感染をきれいに除去し、その後ガッタパーチャとシーラーという材料で根っこを綺麗に密閉する治療を行う治療です。佐倉市の皆さんはこの根管治療についてしっかりと理解し、治療の方針決定に役立てるように心がけてみましょう。

根管治療をしっかりと行うと歯の内部の清潔さが回復し、細菌などの微生物で汚染された根管がきれいになり、綺麗になった根管を隙間なく充填することで細菌の繁殖の場がなくなり清潔さが保たれます。このように根管治療を行うと根の治療を終えた後の病気や炎症の再発を防ぐ事ができるので歯を温存するために欠かせない治療です。根管治療をしっかりと行った後には歯の再建を行います。根管治療を行った歯にコアと呼ばれる土台を作り、削って形態を整えて型取りし、歯にかぶせる被せ物を作り装着して歯の治療を終える事ができます。この根管治療が不十分では炎症の再発などで後々厄介なトラブルが起こってしまいます。

お口の治療の中でも根管治療というのは目立たず、あまり治療が進んでいる実感がしない治療ですが、非常に大切な役割を担う治療です。近年では根管治療を専門にした歯科医院も登場するほど重要度が高い治療で、多くの歯医者にとって根管治療を適切に行うのが治療を成功に導く上で非常に大切なものと認識されています。佐倉市で根管治療を検討されている方は是非高度な技術のある歯科医院で治療をするように心がけてください。

メタルフリーになることでどのようなメリットがあるのか

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。皆さんはメタルフリー治療という治療をご存知でしょうか。実は金属というのは思わぬトラブルを招いてしまうことがあり、多くの歯科医院で金属を使わないメタルフリー治療の必要性が認識されるようになりつつあるのです。金属を使った治療というのはメタルタトゥーや金属アレルギーなどの体への悪影響を及ぼしてしまうことがあり、実は長く使う上で注意が必要なのです。金属を使った治療を続けているだけでアレルギーを引き起こしてしまっては大きな問題で、最近では金属を用いず、グラスファイバーなどの金属以外の材料を使った治療が頻繁に行われているのです。

歯科医療の世界で金属は長らく使われてきました。金属は丈夫さや加工のしやすさ、材料の安さなどの様々な要因で治療の主役として認識されていてのですが、最近になり問題点が発覚し、その地位をプラスチック材料やセラミックに奪われつつあるのです。金属が引き起こすトラブルの一つに金属アレルギーがあります。金属アレルギーは肌の発疹やかゆみ、手足の水疱などの症状が出てくる疾患として知られていて、一部の金属アレルギーの原因に歯科医療で用いる金属が関与している事があったのです。このような症状で悩み、金属アレルギーが不安な場合は一度検査をしてみるのがいいかもしれません。

佐倉市にも多くの患者さんがいらっしゃり、金属を利用しない治療を検討されている方も数多くいるかもしれません。金属アレルギーについて適切な知識を身につけ、メタルフリー治療を検討してみるのも良いかもしれません。

歯の土台をファイバーコアにするメリット

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。日本にある多くの歯科医院でファイバーコアという治療手段を利用した歯科治療が行われるようになってきました。ファイバーコアというのは金属を使わない歯の内部の土台で、根管治療を行った後に行う歯の被せ物を支えるための土台のことです。グラスファイバーなどの歯科材料はアレルギーを引き起こさず、他にも様々なメリットがあると言われているので、近年人気が高まっています。佐倉市の皆さんは一度ファイバーコアという素材についてしっかりと理解をするようにしてみましょう。

ファイバーコアはグラスファイバーという材料を組み合わせた歯の土台の事で、近年佐倉市でも多くの歯科医院で利用が始まっています。ファイバーコアの一番のメリットは何と言っても歯根破折が起こりにくいことです。歯根破折は歯根と土台の弾性率の違いが大きいと起こりやすいと言われています。歯根破折を起こすと多くの場合その歯は抜歯となってしまいます。その他にも利点があり、それはメタルタトゥーが起こらないことです。差し歯の周りから歯茎に着色が広がり、歯茎が黒ずんで見えてしまうのがメタルタトゥーです。歯の内部の治療を行ったあとに歯茎まで変化してしまうのは患者さんにとって大きな不利益です。このようなトラブルを避けるためにもファイバーコアを利用するのは非常に優れた治療手段なのです。審美性良く長く使えるようにファイバーコアを利用した治療を行うように心がけてみましょう。