金属アレルギーとは何か

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。佐倉市にお住いの皆さんは金属アレルギーという病気をご存知でしょうか。最近では多くの患者さんが金属アレルギーに関して知識をつけられていて、県内外様々な患者さんがメタルフリーな治療を求めて歯科医院を訪れています。金属を利用した治療で起こる金属アレルギーについてしっかりと理解し、病気の治療の理解に役立てましょう。

歯医者にとって金属アレルギーは常に警戒が必要な病気です。金属というのは汗や唾液や組織液などの人体の液体にイオンとなって溶け出してしまいます。この金属のイオンは、体内のタンパク質と結びついて、免疫機能によって体にとって異常な物質とみなされてしまうと、やがてアレルギーが発症してしまうことがあります。異常な免疫の反応は局所的なものであればかゆみ・水ぶくれなどが主体となる症状ですが、全身にアレルギー反応が出てしまうと息切れや手足のかゆみ・むくみなど様々な症状が出てきてしまいます。

最近の歯科治療では金属を用いないでも治療が完了する治療が多くあります。金属アレルギーがある方やアレルギー体質の方はこのようなメタルフリーの治療を選択することが重要なのです。

佐倉市にお住いの方で、メタルフリーの治療を検討していたり、金属アレルギーでお困りの方は是非一度当院へお越しください。金属アレルギーをお持ちの方にとって歯科治療は不安に感じるものかもしれません。しっかりと治療をし、金属アレルギーなどの不安を解消した治療を行いましょう。

日本と国外の予防歯科への認識の差

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。最近になり医療の中で予防という概念が浸透し、歯科の世界でも様々な予防治療が提唱されています。このため、最近では予防歯科という言葉が浸透し始め、多くの歯科医院で予防歯科が浸透し始めています。生涯に渡って健康な生活を維持したり、長い間自分の歯で健康に生活するには予防が何よりも肝心です。しっかりと予防の重要性を理解するために、一度海外と日本の医療について理解をしてみましょう。佐倉市の皆さんに予防の大切さをご紹介いたします。

アメリカやヨーロッパなどに代表される先進諸国では病気になる前に病気を治すというのが重要視されています。病気を防ぎ、病気にならない段階で予防をするというので、健康な状態を長く保つという習慣が確立しています。海外では予防にどれだけ積極的なのかどうかで民間の生命保険の加入の可否が決められることがあるほど予防が当たり前になっています。一方、日本の医療では未だに病気になった段階で治療を行うことが一般的です。予防を行うことで、様々な病気を防ぐことができるのは歯科でも同じことです。歯周病は心臓などの病気の原因になることもありますし、糖尿病を悪化させる原因にもなります。

海外ほどではありませんが、日本も徐々に予防が浸透しています。佐倉市にお住いで、歯科の予防治療に興味がある方は是非一度当院へお越しください。しっかりと予防を行い、お口の健康を守りましょう。

残存歯と生涯医療費の関連性

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。歯科医療と生涯医療には非常に密接な関係があるのをご存知でしょうか。残っている歯の数と生涯医療費に関係があるというのは意外なことかもしれませんが、歯の数というのは人間の老化や疾病の進行と密接な関係があると言われています。歯の治療は非常に重要で、佐倉市の皆さんの健康を守るためにも、一度生涯医療費と歯の数についてしっかりと理解するように心がけましょう。

歯が多く残っている人は食事を飲み込む嚥下という機能が低下しにくいと言われています。この嚥下の機能は実は厄介な病気になるかどうかを分ける非常に重要なポイントとして知られていて、歯科医師だけでなく医師も注目を寄せています。嚥下に異常が起こってしまうと誤嚥性肺炎などのトラブルが起こりやすくなってしまい、お口の状態の悪さが原因で全身に異常が出てきてしまいます。顎の状態が悪くなってしまうとお口の中から脳に伝わる刺激が減少してしまったり、食事に制限が出るので、老化に伴う機能の低下を加速すると言われています。

佐倉市にお住いの患者さんの中には様々なトラブルを経験し、お口の治療にうんざりされている方がいるかもしれません。お口の治療は当座の健康だけでなく、将来にわたって皆さんの健康を守ります。長い間治療に関わらず、お口の状態が悪くなってしまった方は是非一度当院へお越しください。しっかりと治療をし、健康なお口を守るように治療を進めましょう。

根管治療の重要性

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。根管治療は非常に重要な治療法で、歯科医療の中でも特に注意が必要なものです。根管治療は歯の内部の歯髄を取り除き、消毒を行い、その後にゴムのような材料を詰め込む治療法で、歯の内部にある隙間を塞ぐ治療法です。この治療を行うことで、歯の内側を清潔に保つことができるので、しっかりと治療ができるように気をつけなければならない治療法です。この根管治療は日本では様々な歯科医院で行われている治療法ですが、最近では根管治療専門の歯科医師がいる程非常に重要度が高い治療法です。佐倉市の皆さんにも一度、根管治療の重要性についてご紹介したいと思います。

根管治療は目に見えない歯の根の部分の治療です。歯科医師の技量によってその治療成績が大きく変化することがあり、しっかりと治療が完了すると根尖病巣などのトラブルを避けることができます。再発してしまうと再び根管治療が必要になり、作った被せ物も作り直しになってしまうことがあるので、根管充填などの根の治療はより精度の高い治療を行うのが非常に重要です。根管治療はマイクロスコープで根管内部をしっかり見ながら治療したり、患者さんの唾液が治療部位に入り込まないようにラバーダムというゴムのシートなどをしっかりと使って治療することでより成功率が上がります。このような工夫をしてくれる歯科医院を選ぶことがとても大切です。これらを使わずに歯の根の治療を行うのは非常にリスクが高いことです。しっかりと治療ができるように患者さんも知識をつけましょう。

佐倉市にお住いの方で、お口のトラブルを経験されている方は是非一度当院へお越しください。しっかりと治療ができるように歯医者と相談しながら治療を継続しましょう。

根尖病巣の治療法

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。歯の根の尖端に病気ができることがあるのをご存知でしょうか。このような根尖病巣と呼ばれているものは歯の内部の歯髄が壊死して腐ったり、以前の根管治療が不完全だったり劣化することで細菌が繁殖してしまうことが原因です。歯の内部で細菌が作り出した毒素が歯の根の尖端から広がってしまったり、細菌が歯の根の尖端から出てきてしまうと顎の骨の内部で炎症が広がってしまうので、非常に強い痛みが起こったり、慢性的な炎症が起こってしまうことがあります。症状がひどい場合には顔の形が変わってしまうほど腫れてしまうこともあるので早めに治療を行う必要があります。佐倉市のみなさんに一度詳しく説明したいと思います。

根尖病巣の治療で必要なのはまず歯の内部の治療です。歯の内部の汚れや病気の原因を取り除き、歯の内部をきれいに消毒します。このときに完全に清潔にできるかどうかが根管治療の鍵になるので、汚物の清掃と消毒が非常に重要です。このようにして歯の内部を清潔に保った後にはゴムのような材料を歯の内部に詰め、治療が完了します。このほかにも歯の根の尖端に直接顎の方から治療を進めることがあります。通常の根管治療でなかなか治らなかったり、根尖病巣が大きい場合、歯の根の尖端部にある病気を取り除き、汚染されている歯の根の尖端部を短く切断し、根管を充填した後、切断した根管口から充填材を取り除き、より封鎖性の高い材料で穴を逆から塞ぎます。

佐倉市には多くの歯科医院があります。根の状態が悪化していると痛みが非常に強くなるので、しっかりと治療ができるようにかかりつけの歯医者を決めておくのは非常に重要なことです。なにかお困りのことがある時には是非当院へお越しください。

歯根破折の原因と治療

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。歯の根っこが折れてしまったり、割れてしまうと腫れたり強い痛みを感じることがあり、生活に大きく支障をきたすことがあります。歯の神経を取ると歯の新陳代謝がなくなって、根がだんだんもろくなってきてしまうと歯が割れたり折れてしまうことがあり、歯根破折には注意が必要です。佐倉市の皆さんも一度歯根破折の原因や治療法についてしっかりと理解し、治療の方針決定や病態の理解に役立つようにしましょう。

歯根破折の原因は歯が老化や虫歯で脆くなる歯の状態の悪化と歯に加わる強い衝撃です。歯が老化したり、差し歯の土台になっている歯はもろくなってきていて、力強く物を噛んだ時や硬いものを噛み砕こうとした時、硬くて弾力のあるものを噛んだとき、歯ぎしりなどの歯に対する強いストレス等のために歯が割れしまったり、歯が折れてしまったりすることがあります。歯が割れてしまうと割れ方によっては歯を抜いたり、一部歯肉切除したり、歯を矯正で引き上げたりと大掛かりな治療が必要になるので、しっかりと対策をすることが重要になります。

歯根破折は割れ方によってその後の治療が大きく変化します。歯が横方向に割れたのか、歯が縦方向に歯が割れたのかによって歯を残せるのかどうかも変わってくるので、割れ方は非常に重要なのです。一般的に縦方向に歯が割れてしまった場合には治療が難しく、基本的には抜歯が必要になるのですが、強い衝撃などで横方向に歯が折れてしまった場合には、折れた歯を治療し残すことができる場合があります。佐倉市の皆さんの中には歯根破折を経験された方がいるかもしれません。歯が折れるというのは非常に大きなダメージです。歯が折れて困ったときのためにもかかりつけの歯医者を見つけるようにしておきましょう。

正しい歯磨きの仕方

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。ブラッシングにはバス法・スクラビング法・ローリング法など様々なやり方があり、それぞれ汚れを落とすのが得意な部分が異なっています。
それぞれの歯磨きのやり方をしっかりと活かしながら歯を磨くと、何も知らずに磨くよりも綺麗に歯を磨くことができます。佐倉市にお住いの皆さんも一度しっかりとお口の中のケアの方法を理解し、しっかりと歯磨きに工夫をしましょう。

歯の表面に毛先を当て、細かく毛先を動かす方法をスクラビング法といいます。スクラビング法は表面に付いた歯のよごれを落とすのに効果的ですが、歯と歯茎の境目のよごれを落とすのにはある程度の慣れが必要ですが、歯と歯の間の溝に詰まった汚れを落とすのに役立ちます。歯周病や歯肉炎などのトラブルを解消する為にはより歯と歯茎の境目を磨けるように歯ブラシを当てなくてはならないので、歯ブラシの使い方に意識を向けるのが適切です。バス法やローリング法はスクラビング法に比べてやり方が難しいので、文章ではなく歯科衛生士に指導を受けるといいでしょう。

佐倉市にお住いの皆さんも含め、すべての患者さんは一度歯磨きのやり方を考えてみるといいかもしれません。歯磨きというのは非常に奥が深く、どの歯ブラシを使って、どのように磨くのか、どの方法で磨くのかをしっかりと考えなくてはいけません。歯磨きを胃につけるには歯科衛生士のサポートが絶対に必要です。しっかりと歯科衛生士や歯医者と協力し、歯磨きのやり方をマスターしましょう。

歯磨き粉の種類と効果

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。皆さんは歯磨きをする時に歯磨きを利用しているでしょうか。歯磨き粉には様々な種類があり、その種類と特徴を理解しながら歯磨き粉を選ぶととても役に立ちます。特に注意したいのが薬用は磨き粉です。薬用成分が含まれているので、不必要に利用する必要はありません。特定の原因の痛みや症状の緩和を目的にする薬効成分が含まれているので、使うべきタイミングや症状を見極めると、薬効成分の恩恵を十分に引き出すことができます。また、研磨剤入りの歯磨き粉の利用にも注意が必要です。研磨剤は歯の着色を取って白くしてくれる反面、表面を削ってしまうことがあります。また、特に注意が必要なのは粒状の研磨剤が入っている歯磨き粉です。この粒は歯肉と歯の間の溝に入り込んだまま溶けずに残ってしまい、歯茎に慢性的な炎症を引き起こすことがあるので注意しましょう。歯磨き粉の選び方について佐倉市の方に一度詳しく説明をさせていただきます。

歯磨き粉には様々な成分があり、研磨剤や薬用成分をしっかりと確認するのが重要です。研磨剤は歯の表面の汚れや着色を削ることが可能ですが、どうしても余計に歯を傷つけてしまったり、歯茎を傷つけてしまうことがあるので注意するように心がけましょう。

薬用の歯磨き粉は薬用成分が含まれているので、求める効能に合わせて使うことで本来の性能を発揮することができます。知覚過敏や歯周病用の歯磨き粉は歯医者と相談しながら選ぶと非常に選ぶのが容易になるので、歯科衛生士や歯医者に相談をしてみましょう。

歯磨き粉は清涼感があり、お口の中を綺麗にしたような感覚を得るので、使うのが当たり前になっているかもしれません。しかし、清涼感がある分汚れを落としきる前に歯磨きを止めてしまうことがあるので、使わない方がメリットがある場合もあります。佐倉市にお住いの皆さんも、歯磨き粉の使い方について悩むことがあったら一度歯医者に相談をしてみましょう。

C1,2,3,4,の違いは

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。皆さんは歯科健診や歯医者さんでの診断で、C1のカリエスやC3の虫歯などと歯医者や歯科衛生士が話しているのを聞いたことがないでしょうか。このC1やC2というのは虫歯の診断基準のことで、数字が大きくなるにつれて虫歯が酷くなっていくことを表しています。佐倉市にも多くの患者さんが虫歯の経験をしていると思いますので、一度詳しくご紹介したいと思います。

C1は一番軽度の虫歯です。エナメル質にとどまる極小さい虫歯で、少し削ってプラスチックの材料を詰める程度の簡単に治療ができる程度の虫歯です。C2になると象牙質というエナメル質のさらに下にある部分に虫歯が広がります。この虫歯では治療に痛みが出てくることがあるので、痛みが辛い場合には麻酔を使って痛みを緩和しながら治療を進めます。削った後の詰め物も金属の詰め物を使うことがあるので、治療痕跡がわかりやすくなってしまいます。C3になると歯髄にまで到達している虫歯で非常に強い痛みが起こってきます。治療でも痛みが出てくることがあり、根管治療が必要になり、完治に回数がかかってしまいます。この段階で治療を行うと大半は抜歯をせずに治療が完結するので、極力早めに治療を行いましょう。さらに進行してしまったC4は、目に見えている部分のほとんどが壊れてしまい、歯根しか残っていないような歯の状態で、差し歯の土台にも使えないほど虫歯が進行したものは抜歯を行うのが一般的です。ここまで放置するには痛みにも長期間耐えなくてはならないので、滅多に見ることはありませんが、今でもごく稀に進行した虫歯をお持ちの方がいるので注意が必要です。

佐倉市の皆さんは虫歯の分類をご存知でしょうか。虫歯についてしっかりと理解しておくと様々な治療の方針理解に役立ちます。しっかりと治療を理解し、病気についての知識を広げましょう。

歯ぎしりと歯並びの関係とは

佐倉市の歯医者、すが歯科クリニックです。佐倉市の患者さんの中には歯ぎしりを経験されている方がいるかもしれません。歯ぎしりというのは就寝時に起こる顎の運動で、歯ぎしりと歯並びに密接な関係があると提唱されていることを皆さんはご存知でしょうか。歯並びというのは歯の大きさや歯が入る顎の大きさや歯に加わる力などがお互いに影響しあって決まります。佐倉市の皆さんは歯ぎしりと歯並びとの重要な関係について理解し、しっかりと治療ができるように心がけておきましょう。

歯ぎしりには様々な原因があると言われていますが、確実な原因は未だに特定されていません。歯ぎしりが酷い方の場合には顎の筋肉に大きな負担をかけてしまい朝起きたときに顎が痛くなってしまったり、顎関節症や筋膜炎や関節炎などの厄介な疾患になってしまうことがあります。このような歯ぎしりによる筋肉や顎関節への悪影響は、歯並びによってさらに増悪してしまうことがあります。歯並びが悪いと、歯が引っ掛かって歯ぎしりの横運動が制限されることで更なる筋肉の緊張を生み、より強いストレスが顎関節や筋肉にかかってしまいます。また、前歯が噛んでいなくて、前方のガイドもない場合にも、力が集中して顎関節に非常に大きなストレスがかかってしまいます。特に丸顔でえらが張っている人は顎の力が強いので注意が必要です。歯並びが悪い場合、必要に応じて歯科矯正治療などの治療が必要になります。矯正治療を行ったとしても歯ぎしりそのものが無くなるとは限りませんが、悪影響をもたらす一つの要因の除去には有効です。また、顎関節への負担を軽減させるためにナイトガードというマウスピースによる、歯と顎関節の保護が必要になります。歯ぎしりは眠る時に人に迷惑をかけるだけではなく、自分の体にも悪影響を及ぼしてしまうので、早めに治療を行うように心がけましょう。

佐倉市にも多くの患者さんが歯ぎしりや歯並びでお困りのことだと思います。歯ぎしりで起こるトラブルでお困りの方は一度歯医者に相談するように心がけましょう。